HIKING-HIKING

知らない土地、知らない景色を知るためにぼちぼち歩いて行くブログ

買ったものをいろいろと試せた

お財布も荷物も UL になったこのごろ。
六甲山の苦い経験をもとに買い込んだ道具達。
今年に入っていくら使ったのかもう考えたくないもない。

せっかく買って使ったのだから誰かの役にたつかもしれないということで、

ギアレビューなんかをやってみる。

買い込んだ道具達を使って参りました。(まだ 2 回だけど)
使った場所は 奈良県吉野山剣尾山 で、どちらも 700m 前後の低山と呼ばれるコースで、10km ほどしか歩いてません。

ということで、軽いレビューとなります。


ザックとシューズとトレッキングポール

OMM Classic 25

フレームが入っていないため、チェストベルトをギュッとしめて背中にピタッと貼り付ける構造なので、背中の汗どうなるのかなーと心配でした。
実際、背中のムレはあって汗の湿気が中まで伝わってたけど、ザック背面にフレーム代わりの 4 つ折りのマット入ってて、湿気はマットの 1 折り目で止まってた。なので中の荷物が汗でグッショリってことは一切なし。マットはお昼休憩の時になどに出して少し乾かせば全然問題ないと思った。

歩くスピードで登ったり下ったりだと、腰のベルトはしなくてもザックは上下左右に動かず固定されてました。固定といっても圧迫感を感じることもなく、実際の重量より荷物が軽く感じるぐらい背負い心地がいいです。

街中を移動する時はサイドポケットにトレッキングポールをぶっ刺すのですが、ガッツリと固定する方法がないのかなーと思ってたら以下インスタをみて学びました。
ハト目が打ってある穴にガイラインを通して固定すればいいんですね。なるほど。

Moonlightgear Chiyoさん(@moonlightgear_chiyo)がシェアした投稿 -

使い心地と関係ないけど、2017年新色 Black がでてカッコイイな思ってしまった。

OMM Classic 25L / OMM クラシック 25L - MoonlightGear
http://moonlight-gear.com/?pid=49913152

ALTRA / Lone Peak 3.0 NeoShell Mid

街履きのスニーカーと比べると遥かに快適だった。

靴下は長いほうがいい
靴下は長いほうがいい

スニーカーと違う!と思った瞬間は靴底が自然とフラットに地面についた時。
靴底全体で着地してる感じがいいです。

ただミドルカットであっても靴に砂利は普通に入ってくるし、次回買うならローカットでいいやと思った。ハイカットであれ足をくじく時はくじくし。

NeoShell は水たまりにドボって浸かって歩いてみたけど浸水してこなかったです。長時間ならヤバイと思うけど、それはどんな靴でもヤバイと思う。

BlackDiamond / ディスタンスFLZ

めちゃめちゃ軽い部類のポールではないですが、グリップが握りやすいので取り回しがいいです。
ザックにいれるときもすぐに折りたためるし、細かな長さ調整も簡単。

衣服

MILLET / DRYNAMIC™ MESH と CW-X のタイツの他にモンベルで長袖シャツと atelierBluebottle の Hiker’s T-shirt を買った。実際に身につけた衣服は以下。

アイテム 商品名
ベースインナー Millet DRYNAMIC™ MESH
インナー atelierBluebottle / Hiker’s T-shirt
シャツ モンベル / WIC.ドライタッチ ロングスリーブシャツ Men’s
パンツ GRAMICCI×BEAMS別注 / オールコンディションショーツ 16SS
タイツ CW-X / ボトムス エキスパートモデル
靴下 Point6 / Hiking Tech Extra Light Mini Crew
キャップ Outdoor Research / Fieldcraft Trucker Cap black
グローブ シャミース フィンガーレスグローブ Men’s

インナー

Millet DRYNAMIC™ MESH は春先の涼しい気候で少し汗ばむくらいのときは、汗が肌にベットリということがなかったです。なので止まった時の肌寒さがなかった。

さすがに汗グッショリのときは肌が少し濡れてましたが、不快感は感じなかったです。

atelierBluebottle の Hiker’s T-shirt は汗かいてもすぐ乾くし、ポリエステル素材だけのツルッとした生地じゃなくて、ちょっとふわふわとした生地が気持ちいい。

あとウールとポリエステルの混紡だからかな?少し暖かみを感じる。

Hiker’s T-shirt の下に、DRYNAMIC 着てたけど春か夏ならどちらかは着なくてもいいと思った。
山で上着なりを脱ぎ着すること考えたら DRYNAMIC は絵面的に脱ぎづらいから Hiker’s T-shirt で行く。

あと普段着用にユニクロの AIRism の T シャツを買い込んだけど、これもすっごくいい。
軽いから帰りの着替え用に 1 枚持っててもいいと思う。

CW-X / ボトムス エキスパートモデル

登りの時に膝あたりが楽に感じた。ただ少しでもサポートの位置がずれるとあれ?っと違和感を感じズレを修正しないといけない。これはきっとデブすぎて腹回りの締め付けが緩んできているせいかもしれない。
あとエキスパートモデルも若干太もものサポートがあるとのことですが、この辺はわからず笑

膝のサポートだけなら、CW-Xパーツ ひざ用プレミアム でもいいんじゃないとか思ったり。涼しそうだし。


全体的にいい買い物をしたなーと思ってます。

自分も道具を買う前はネットの情報をめっちゃみてて、購入のきっかけになったりしたので、
このレビューもどなたかの参考になれば幸いです。

そろそろテン泊する道具も欲しかったりと欲しいものがどんどんでてきてキリがない。
山で寝るための考察記事でも書こう。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加